(昔の話)先輩たちから見た私

昔、私が勤めていた会社は、とても浮遊霊や、いろんなものが多い会社でした。
そのため、おかしなものを見る機会も多かったです。

そんな頃、会社の先輩たちと話していたら、なぜか私の話になりました。
そのうち、先輩の一人が言いました。

「未依ちゃんってさー、何もないところを見てるときあるよねー。」

o0425028612679093328

「人の後ろをじっとみてたりさー。」

「そうそう。不思議そうな顔してるんだよねー。」

「たまにビックリしてるときもあるよね。」

とかそんな話。

普通に笑い話なんですが、そんな不思議な反応してるのに、何見てるのか気にならないのは、なんでだろうと思った。
たぶん、私が不思議ちゃんなんで、そこらへんはもう放置されているのだろうけど。

私が見ていたものの真実を知ったら、恐怖のどん底におちいってしまいそうなので、ホントのことは黙っておきました。
当時は、変なものを見たときや、気になる場所などを、じーっと見てしまう癖がかなりありました。
今でも多分その癖はあるとは思うのですけど、スルーすることのほうが多くなったと思います。
たぶん。

↑この絵をクリックお願いします。 更新の励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

返信を残す