(昔の話)空いている部屋

あるとき、会社の隣のビルで、空きが出ました。
空きが出たのは、会社の隣のBビルの5階で、ちょっと不便なのですが、会社は、その空きがでた部屋にも会社を広げることにしました。

ただ、使用目的は、現時点では公表されておらず、数日は空室のままで、使用されていませんでした。

そんなわけでみんなは、別に用はないけれど、どんなところか見に行ったりしてました。

私たちも、どんなところか見に行ってみたくなり、休み時間に、友達数人と行ってみることにしました。

エレベーターが開き、ちょっとワクワクして、その部屋のドアを開ける。

・・・・・ずしっ・・・・重ーく嫌な空気が肌にまとわりつく感じ。
誰かに見られているような感じ。

もともとあった会社が退居した部屋なので、がらーんとして何もなく、天井からは、何かの配線が何本かぶら下がっている。

みんなは中に入るが、私となつみだけは躊躇していた。

なつみは戸惑ったものの、結局中に入り、中の様子を見ていました。
私だけは、入口から頭だけ出して、一歩も中に入れませんでした。
「みんなよく入れるね」と言いながら、みんなの様子を見てました。

o0369052212694621740

↑この絵をクリックしていただけると、更新の励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
 

コメントを残す