(昔の話)ヤマコさんのサボり

ヤマコさんは、今まで受け持っていた仕事を少ししてから、隣のBビルに来ます。

ですが、ヤマコさんは、だんだん来るのが遅くなってきました。
今までは始業から1時間くらいで上がってきたのに、どんどん時間が伸び、午前中は来ないということがよくありました。

その間、私は一人なので、怖くなったら、とりあえず部屋を出るなどして、しのいでいました。

何度も「怖い怖い」と言っているけど、基本、怖い話はブログに書かないと決めているので、イマイチ怖さが伝わらないかと思いますが、とりあえず、「ホラー映画の幽霊たちが大集合」って感じなんです。
夏にテレビでやっている、「本当にあった怖い話」っていう体験ドラマの内容は、あの部屋にいれば、一日でだいたい体験できます。

なかなかBビルに来なくなったヤマコさん。
最初のうちは、引き継ぎ残しが忙しくなったのかなと思ってました。

ですが、

ある日、もともといたAビルにいる私の先輩が言いにくそうに言いました。
「山本さん・・・ずっと同期の人と喋ってるよ。」

ヤマコさんは、仕事をしていたわけではなく、単にBビルに行きたくないから、サボっていました。
私はかなりショックを受け、信じられない思いでしたが、実際、サボってました。
ありえないです。

当然、そのぶんの負担は、私に来ていましたし、ヤマコさん待ちで仕事が遅れることもありました。

ヤマコさんが来たとしても、とても不機嫌で、かなり雰囲気悪いです。

そして、それは意外な形で終わることとなりました。

続く

↑この絵をクリックしていただけると、更新の励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村