(昔の話)ハヤスの足音

昔の話シリーズの続きです。

ハヤスが仕事のことを聞きに来るときのこと
彼の席は、私の後方にありました。
ハヤスが席を立って、私の後ろまで来るとき、彼の特徴で、足音が全くと言っていいほどしません。
ほぼ無音です。

なので、いつ来たのかわからないのです。
殺し屋としては、最高の人材かもしれません。

いきなり声をかけられて、しょっちゅう驚いていました。

さらに、彼なりの気配りなのでしょうが、私の仕事のキリの良さそうなところまで、声をかけるタイミングを見計らっているようで、しばらく私の背後に立つのです。

そして、全くの無音状態から、突然背後から声をかけてくる。。。

普通の部屋だったら、たいした問題じゃないかもしれません。
が、あの部屋は幽霊大量部屋です。
かなりビックリします。

いつもビックリするのが悔しくて、耳を澄ませて、足音がちょっとでも聞こえてきたら、気をつけるようにしました。

そんなとき・・・

背後から足音が聞こえ、私の後ろで止まります。
私の後ろで私を見ている気配がします。

よし、今回はビクーンとしなかったぞ。しめしめ。
いつも、声をかけるタイミングに気を使っているようだから、声かけられる前に、私から言ってやるか。
と、やや得意げに振り返ると・・・・

私の背後には、誰もいません。

ハヤスは普通に自分の席で仕事をしています。
あの足音は、幽霊のものだったようです。

私は無駄にイラっとし、ハヤスは無駄に恨みをかいました。

あの部屋では、幽霊が大量だったので、足音もよくしていました。
その中でも、やや大きめで、リアルな音がハヤスの足音なので、それを聞き分けることにしました。

裸足の足音・・・違う
靴の音・・・似てるけど違う
ヒールの音・・・違う
草履っぽい音・・違う
武者っぽいガチャガチャした音・・・絶対違う
靴の音・・・似てるけど・・違う・・?

ハヤスだった!!

幽霊と区別がつかないじゃんか!!
っていうか、むしろ幽霊の方がハッキリした足音の人がいるくらい。

私は無駄にイライラするようになりました。

 

↑この絵をクリックしていただけると、更新の励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村