息子の恐怖体験が、やたら頻発問題-1

うちの息子は、かなりのビビリです。
家では、洗面所で手を洗うのが怖いらしく、なかなか行こうとしません。
妹に一緒についてきてもらってます。

ただ、怖い怖いと言っていた息子なのですが、
最近、
「カタって音がした。」とか
「ピシッて音がした」とか
言うようになりました。

私は、「ま、そういうこともあるよ~。」
なんて、特に気にしていなかったのです。
ラップ音とか、ちょっとした霊のいたずらでしょーと。

だけど、それが頻繁に起こるようになりました。
で、こないだ、手を洗いに行ったあと、半べそ(ほぼ泣いてた)で走って戻ってきて、
「パパ、手を洗うの一緒にきて~(泣)」というので、パパがついていくと、
息子は、ここ最近の怖かったことを話し始めました。

大体は、「カタって音がした。」とか
「ピシッて音がした」とかっていう話で、夫くんも、家鳴りだろーと判断したらしく、「大丈夫だよー」って言ってたんだけど、
最後に
「誰もいないお風呂から、トントンって聞こえた。」
と、息子が言ったら

夫くんは、

「そ・・・それは・・・怖いね。」

と、マジにびびってるじゃありませんか!

おまえまでビビってどうする!?

ああいう、奇っ怪な音や、不可解な出来事というのは、私も子供の頃よくあって、それはそれは怖い思いをしました。
だけどね、怖がるのが一番良くないんだよ。

(長くなったので、このくらいにして、次回へ続く・・・☆)

↑この絵をクリックしていただけると、更新の励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村