息子が半透明の人を見たらしい話

まだ息子が小さい頃の話。

お出かけしたときに、絵の具を使うワークショップがあって、息子と二人でやってみました。

楽しくワークショップを終えると、息子の手が絵の具だらけで、えらいことに…!

おトイレで手を洗っていると、息子が言いました。

息子は、トイレトレーニング中だったので、あまり猶予はありません。

個室の一つしかないこのトイレが混むと困ります。

私は、慌てて手を洗っていました。

すると、背後に誰かが通った気配が。

あ、でも、半透明な人なので、セーフです。

半透明の人は、そのまま個室に入っていきました。

直後に、息子が言いました。

 

 

「え?でも今誰か入ったよ。」

息子は、個室を確認してみましたが、

「誰もいない」

「さあ、手も洗えたし、おトイレ入ろうか」

と私が言うと

いやだ?

それは困ります。

「何か入ったの見た!いやだ!!」

そりゃあ、私だって、半透明の人が入るの見たし、おトイレで他人と相席は嫌だけど、事実上、問題無いわけだし、息子に垂れ流される方が、いろんな人が困ります。

なんとか説得し、おトイレに入るも

あーうん

 

 

 

 

 

個室には、もう半透明の人は、いませんでした。

トイレに入っているときに、幽霊に入ってこられたことはあるけど、それが嫌だっただけに、幽霊が入っている時に、勝手に入っていくのも、気がひけるのです。

↑この絵をクリックしていただけると、更新の励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村