アートセラピー日記(デジタル版カラーカードコース)

今回は、アートセラピーのデジタル版カラーカードコースのお客様のアート日記。

これまでの手描きと違う点は、デジタルのため、画材による処理の時間がなく、短時間で描けること。

手描きでのアートセラピーでは、時間が足りず、あまり詰めて描けなかったのですが、デジタルだと、かなり詰めて描きあげることができます。

 

もうひとつの違いは、修正が比較的容易だということ。

アートセラピーをおこなっていると、お客様の心に変化が生じてくる。

その過程に沿って、アートも変化させられるので、今回は、お客様の心の分岐点三箇所をキリトリ!

 

まずは、最初のかたち

優しいけれど、中心の力が弱く、自転の力が弱い。

自転しているというよりも、仕方なく流れに回されている感じ。

明るく、綺麗なアートだけど、これを見ていると、悲しくなります。

「自分が我慢すれば」なんて思って欲しくないの。

この優しさは、犠牲の上に成り立っている。

 

このまま流されるまま過ぎることに、お客様が疑問を持ち始めたところ。

立ち止まって、考えているようです。

小さいけれど、内に秘めていた強さを感じます。

自分と向き合う必要性を感じ始めた瞬間。

 

小さいけれど、中心に強い光が生まれてきた所
自らが輝き、動こうという心が生まれた瞬間。

こう光ってくれて、ほっとしました。

アートセラピーでは、お客様の光が変わってくれるところまで、頑張ってもっていきます。

選ぶのは、お客様自身だけど、いいカタチになっていただきたいのです。

 

これからどの道を進もうとも、それは犠牲でも我慢でもなく

自らの選んだ試練であり、楽しみながら超えるハードルであってほしいなと願っています。

すべては決断しだい。

まずは、どうしたいのか、内観をじっくりと進めていってくださいね。

 

アートセラピーカラーカード(デジタル版)

↑この絵をクリックしていただけると、更新の励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村